白さんのFF14

初心者用ジョブ解説と、比較的多めの雑記。

FF14初心者の為の学者のすゝめ その2:レベル別IDでのヒール術

2018/04/17

レベル70まで対応したよ!偉い褒めて!

目次も作った偉い

 

↓↓以下本文↓↓

 

 

 

4.0、来ましたね!

学者の仕様感、実は少し変わりました。

妖精さんが・・・弱くなったのです。。

回復量300→250

たった50の差ですが、思ってるより体感しました。

つまり以前よりはフィジクを打つ回数が増えたという感じです。

 

───

 

では、IDで学者はどうやってヒールをするんだいっていう話をします。

箇条書きでレベルごとに説明するよ!それぞれのレベルになったらこれ読んでみよう!

※15~60まで解説。60~はレベリング中なのでそこそこ適当です。ごめんね!

 ↓

70まで対応したよ!!

 

 

 

 

■15~29レベル

妖精がなんとかしてくれる

フェアリー・セレネをフリーファイトで放置していれば、結構回復してくれます。

タンクが恐ろしいくらいのまとめをしない限りは、パーティの後ろを付いていけばクリアできる。。。それくらい妖精様は強いのです。

ですが、今は妖精の回復力が低下しているので、フィジクも使おうね。

 

ヒールをするタイミングですが

敵が多い→めっちゃHP減る

敵が少ない→中々減らない

まあ、これは当たり前なんですが。

しかしこの当たり前のことを忘れて、タンクが敵に突っ込んだタイミングで早々に攻撃をして、そのままタンクを落としてしまうのが多いです。

これが俗に言う「ヒーラーに慣れてきた病」でございます。

まずは敵の攻撃でタンクがどのくらい減るのか、それを見るのが大事です。

けど全然難しくないから安心して。

分からないうちは、攻撃をしないでタンクをヒールすることに集中するのです。

攻撃しろって怒られても鋼の精神。そうやってツンツンしてる君の事も・・・落とさない。

その他注意するべきなのは、敵をまとめる前にヒールを連打することです。

敵が全部こちらに来ます。それだけはいけない。

タンクは敵の集団1体をまず攻撃した後、残りをまとめて、一気に敵視を稼ぎます。

なので、タンクの周りに敵が集まって、敵の名前が赤くなる(敵視を稼いだ)のを確認してからヒールを飛ばすようにしましょう。

 

トトラクでは妖精が壁の向こう側に取り残されることがあります。

あれー?HPが減ってるよー?っていうコナン君状態になるので、ちょっと注意。

対処法:もう一回召喚しよう。

 

 

■30~

鼓舞激励の策、強し。

それだけ。本当に強い。

まとめ進行でも、鼓舞をタンクに打ってれば終わるくらい強いスキルです。

フィジクが回復量400

鼓舞は回復量300+バリア300

このバリアが強いのです。

敵と戦う前に打てば、バリアを付けた状態でタンクが敵と戦えます。

つまり最初にヒールする手間が省ける!つまり攻撃できる!ということです。

上記の問題、解決ですな。

 

そして、ここからは鼓舞とフィジクの使い分けが必要になります。

やればいずれ感覚で分かると思いますが、初心者のために簡単にまとめます。

タンクの

HPが7割以上→鼓舞

HPが7割未満→フィジク

これで大丈夫です。

なんかよく分かんねえって人はこれを意識してやってみよう。

ついでに、めっちゃ強い敵にタンクが囲まれてるときは、鼓舞連打しとけばいいのよ。

 

※鼓舞の消費MPが上がったうえにエーテルフローでの回復量が下がりました。

連打しすぎるとMPが足りなくて大変なことになります。

けど基本1~3回も打てば敵は全滅してるけどね。

そういう時は、エーテルフローを消費して使える「エナジードレイン」や

ルーシッドドリーム」を使いましょう。

私の場合、ルーシッドドリームはほぼリキャスト毎に使っています。

エーテルフローとエナジードレイン。そしてルーシッドドリームを使う癖をつけましょう。

 

 

■45~

士気高揚の策が使えるようになります。

PTメンバーに回復とバリアを貼れる技ですね。

PTメンバーが減ってたらこれ2回とか3回とか連打してもいいですよ。

おおざっぱに使っていきましょう。

痛い攻撃が来る前に打って、バリア効果でそもそものダメージを減らす、これも大事です。覚えて損はないですが、まあ慣れないうちは皆減ってたら打つという感じ。

 

注意ですが、これは自分を対象にした範囲に対して効果があります。

なので、自分が端っこにいて打っても、全員に当たらないかもしれない。

タンク─敵─近接─自分─遠隔

 このくらいの位置取りを意識しましょう。

つまりPTの真ん中にいてねってことだよ!

 

 

 

 

■50~

生命活性法

これ一番強い技なので覚えてください。

活性こそ学者の生命線、というか学者といえば活性という感じです。

使い方は簡単。タンクのHPが減ったら打ちます。

これによって、フィジク及び鼓舞の回数が劇的に減るわけです。

MP消費もゼロ、エーテルフローを1消費します。

しかも詠唱無し、連打可能(エーテルフローが残っている回数まで)

回復量は脅威の600。タンクのHPの3分の1ほど回復します。

鼓舞を1回打って攻撃、減ったら活性、怖かったら鼓舞。これで十分なのです。

 

50からは

鼓舞→攻撃→タンクが減ったら活性→タンクのHPが中々減らないようなら攻撃

                →タンクのHPが減り続けるなら鼓舞やフィジク。

                →活性を打ってもHPが半分以下なら、さらに活性。

こんな感じで。慣れてきたら変えてもいいです。

 

活性を使えば余裕が生まれます。結構連続で打てるし。

これが、ヒーラーの中で一番簡単と言われている(勝手に言ってる)所以でございます。

エーテルフローをしっかり回して、活性を効率よく打つことで、MPの消費や、タンクが落ちる危険性を減らせますよ!

なお活性にフローを使うので、エナジードレインは以前よりは減ります。エナジードレイン打ち過ぎ注意。

 

 

 

■52~

不撓不屈の策、活性の対抗馬。

範囲活性という感じです。

エーテルフロー消費、範囲即時回復。リキャストは30秒。

回復量は400(フィジクと同じ)

士気は150ですね。

今までは、HPが減ったら士気を打ちましょうと言ってましたが、これを覚えたら、今度からは不屈を使って範囲回復をしましょう。

周りが減る攻撃(中ボスのどかーん!!!系)が来たらぽちーってすればいいのです。

それでもなお周りが減ってる!とか、HP満タンにしないと怖いって人は士気もおまけしちゃおう!

※パーティの真ん中で打ってね!

 

 

───

 

 

あれ・・・?52以降は・・?と思ったかもしれません。

前回の記事で書いたのですが、主に使うスキルというのは52までで全部覚えちゃうのです。

一応58レベルで、応急戦術というものを覚えます。

応急戦術をして士気=不撓不屈の策という感じ。

まあボタン増えるのと、そこまで必要な回復をする場面って無いかなっと思います。

レイドで使う時もありますが、相方ヒーラーが優秀だと、むしろオーバーヒールになるので、相方が素晴らしく強い方の場合は使用をお勧めしないレベル。

 

では最後、60以降について少しだけ。

 

 

 

■60~

HPめっちゃ減る、これは事件。

かなりの大事件です。迷宮入りしないように、しっかりと基本を思い出しましょう。

今までの感覚でやっていると、ものの2~3秒でタンクのHPが0になる場面があります。

誰も悪くない・・・誰も悪くないんや・・・

 

吉田「ヒーラーはヒールをしてくれればその他に求めることは無い」

かつてこんな感じのことを言っていたのを思い出します。(あまり覚えてない)

 

その通り、ヒールがメインです。

いやあ慣れてきたし攻撃しよう。タンクが減ったら活性しよう。今までは十分でした。

これからは、ヒールをして、攻撃が出来るようならDOT撒いてベイン。後は無理しない。

どのタイミングからでもいきなり減る時があります。本当に注意するのだ!

個人的には、想像以上にフィジクを打ってます。

鼓舞を打ってるとMP消費的に大変なことになります。ここぞという時に打とう。

 

鼓舞→フィジクを打ちながらHPの減りを見極める→DOT打ってベイン

基本に忠実、これ大事。

 

──

 

60以降のスキルについては、レベルが上がってから使用感なども含めて別の記事にまとめます。

 

とりあえず今回はここまで、めっちゃ長くなった許してね☆

あまりにも簡略化させたので、細かい解説などは同じ内容でもしつこく投稿しようかと思います。

 

 

■62~

深謀遠慮の策、遠慮してない

紅蓮が始まってから「あれ…遠慮してんじゃん」って言われ続けてきたあの遠慮の策がリニューアルオープンです!(4.2時点)

 

効果は「対象1人に付与する。HPが50%以下になるか、45秒経過すると回復する」でございます

回復量は脅威の800!学者の中でも最高のヒール技でございます!

 

で、使い方なんですケド。適当に投げてください。

このタイミングでヒールしちゃうかー!っていう場面も確かに無いわけじゃないんだけど、まあ適当に投げれる時に投げていいです。リキャスト毎でもいいですよ(45秒)

簡単に言えば予約活性という感じで。しかも45秒経てば絶対発動して回復してくれるし、回復量も活性より多いので、使うことによるデメリットはまず無いです

 

鼓舞と組み合わせることによって攻撃する時間も増えるし、初心者にとっても「ヒールが遅れちゃった!」って時も安心なので、ほんとに良いスキルだ…

 

62からの開幕ヒール

鼓舞and遠慮(あったら)⇒DoT撒いてベイン⇒ヒール

 

 

 

■66~

シナジーの塊、連環計

まあ強いんですよ、それだけで十分。

 

使い方、これは書いていけば中々長くなる上に初心者向けじゃなくなるので省きますが

IDで使う分には2分毎に適当な敵に使えばいいよって感じで。

 

うーんこの手のスキルは高難易度コンテンツで輝くので、強いんだけど使い道って明確に示すのは難しかったりする。

 

イメージでは、「これを当てた敵は早く倒せるようになる」なので、強そうな敵がいたら使いましょう。

 

 

 

■68~

エーテルフロー大放出!

68からエーテルフローを消費する技を使用するたびに、エーテルフローのリキャストが5秒短縮されます!

つまりですね、エーテルフローのリキャストが45秒になるってことですわ

 

これめっちゃ強くて

・MP回復しやすくなった

・活性や遠慮、不撓不屈などが気軽に撃ちやすくなった

・遠慮がリキャスト毎に必ず使える

 

など様々な効果があるんですねー

 

これはスキルとかじゃなくて、68になったら自動的にこの効果になるので、特に気にしないで「あーなんかリキャストめっちゃ帰ってくるやーん」くらいの感覚で大丈夫!

 

 

 

■70

賛否両論のエーテルパクト

初心者の方のために簡単に説明すると

妖精が張り切って回復してくれるようになる魔法のボタンだと思ってください

 

私はあんまり気になるほどでもなかったのですが、やれラグが酷いだとか、範囲がどうのこうのだとか、まあ色々言われてたりする曰く付きのスキルな訳です

 

で、使い方としては、これはタンク痛そうだなーって思ったらタンクに打てばいいです

活性も打ち切った、遠慮もまだ打てない、そんな時にあるとまあ便利だったりする

 

ただ注意点として、もう一回押して解除しないと、妖精はその場でずーっと回復しようとするから、放置してると妖精は拗ねて帰っちゃうという点です

これ、初心者にありがちなので注意して使うようにってことだけ!

で、妖精の操作難しいし…っていう人にも向けて次の項目をばどうぞ

 

 

 

───

 

番外編

■妖精の操作について

 

 

ここまでの中で、実は1回も妖精のスキルについて解説していないんですね

 

というのも、初心者は「妖精を動かすのは難しそう」

上級者は「妖精は手動で動かしてナンボやで~」

こんなもんで、初心者にとって難しいというイメージが強いと思うんですよ

 

で、私がまず言いたいのは、妖精は放置で結構ってことです

ここに移動させてー癒しを手動でー

そんなんは要らねえんだよ!!!!!!!

レイドの解説なら多少おまけ程度で話はしますが、IDで妖精動かすなんて、ただの暇つぶしの領域です

 

セレネ出して放置!これでおしまい。これが全てです。

 

唯一使うべきなのが、42で覚えるラウズです

使うと、妖精が頑張ってくれます、以上。

押すだけで良くて、しかも回復量が250⇒350になるのでオススメだよ!

 

───

 

ということで、レベル別IDでのヒール術でした。

ホントはヒールワーク講座とかしたいんだけど、この記事に書いちゃうと記事の中身が濃いとかそういうの超えちゃいそうなんで

多少被ってても分けてしまおうと思います

近日ちうに何とかするからユルシテ